×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠の症状の前に|めまいが確認できず、くど

めまいが確認できず、くどく不快な耳鳴りと低音域の難聴だけを、幾度も発症する症状を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と呼ぶ症例もあると聞いています。

有名なチェルノブイリ原発の事故の被害者の現地調査の結果において、体の大きな大人よりも子どものほうが飛来した放射能の被害を受容しやすいことが判明しています。

体脂肪の量はとりわけ変動が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などによって、ほんの少しの時間だけ増減する際は、体重が上がった分体脂肪率は減少し、逆に体重が減った場合体脂肪率が上がるのです。

簡単に言うと基礎代謝量とは、運動をせずに安静にした状態で命を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張のキープ等)為に欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを言うのです。

30歳代で更年期になったら、医学的には「早発閉経」という診断をされます(この国では、40才前の女性が閉経する例を「早発閉経」と定義付けています)。


よく耳にする心筋梗塞というのは、主に動脈硬化などの何らかの要因により血管の中が細くなってしまい、血液の流量が下がり、大切な酸素や栄養の供給不足で、筋細胞そのものが死んでしまう大変恐ろしい病気です。

様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、止まらないくしゃみ等)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが元凶で慢性の睡眠不足となり、次の日の仕事に考えもしなかった影響を来すことも考えられます。

肝臓をいつも丈夫にキープし続けるためには、肝臓の毒素を無毒化するチカラが低くならないようにする、言わば、肝臓の老化を食い止める対策を堅実におこなうことが極めて重要だと思われます。

股間部の異常なカユミ「陰金田虫」とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われており、かびと同種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの部位に公衆の洋式トイレなどでうつり、棲みついてしまう皮膚病のことであり、俗に言う水虫です。

所謂、逆流性食道炎は、食事自体の欧米化だけでなく、煙草・アルコールの常飲・生活習慣が乱れたことによる肥満、ストレスに起因して、特に日本人に増加しているという疾患の一つです。


患者数が増加しているうつ病では、強いストレスなどにより脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンの濃度が低下し、不眠、気分の落ち込み、全身の倦怠感、食欲の低下や胃の痛み、集中力・意欲の低下、自殺念慮等の酷い症状が現れ、14日以上続きます。

日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程をサポートすることで注目を集めており、血液中の濃度を適切に維持し、筋肉の収縮を調整したり、骨をつくる働きがあります。

ロックミュージシャンのコンサートの会場施設やディスコ等に設置されている非常に大きなスピーカーの真横で、轟きのような音を浴びたために難聴になる症状を「急性音響性障害」と言います。

気にする方も多い「体脂肪率」というものは、人の身体の中の脂肪が付いている比率を表しており、「体脂肪率(%) = 体脂肪の量(kg) ÷ 体重(kg) × 100」という単純な数式で算出されます。

子どもの耳管の仕組みは、大人と比較して太くて短めとなっていて、またほぼ水平になっているため、バイキンが潜り込みやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、このような理由からです。