×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠の症状の前に|筋緊張性頭痛は肩凝り、首

筋緊張性頭痛は肩凝り、首の凝り・張りが原因の最も一般的な頭痛で、「頭の周りを何かで締め付けられるみたいな痛さ」「頭が重たいような痛み」と言われるタイプの頭痛です。

おしなべてストレスになる理屈や、効果のあるストレス緩和策等、ストレスに関係している全体的な知識を持ち合わせている人は、さほど多くはありません。

バランスの良い食事や運動は言うに及ばず、心身の健康やビューティーアップを目的とし、食事以外に色々なサプリメントを摂る事が常識になってきているのです。

医食同源、暴食の撤廃、続けられるスポーツや体操など、従来から指摘されている自分の健康への注意が老化対策にも関係しているといえます。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、3〜4日しっかりと薬を飲めば、原則、9割近くの人の自覚症状は無くなりますが、実は食道の粘膜の炎症自体がなくなったことを意味しないということを覚えておいてください。


道路事故や屋根からの滑落等、たいへん強い外からの負荷が身体にかかったときは、複数の部位に骨折が齎されてしまったり、複雑骨折となったり、重症の時は内臓が負傷することだって考えられます。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬という名称で、白癬菌というカビの仲間が股間や陰嚢、お尻などの部位に銭湯や温水プールなどが感染源となり、発症する病気で、要するに水虫のことです。

基礎代謝量という言葉を聞いたことがあるでしょうか?睡眠中ではない覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の維持等)のに外せない理論上の最低限のエネルギー消費量のことを言うのです。

何かが聞こえるように感じる耳鳴りには、当人にしかわからないという部類の「自覚的耳鳴り」と、耳周囲の血管に流れる血流などのように患者さん以外の人にも、性能の良いマイクをあてると聞ける「他覚的耳鳴り」とがあり、治療法が異なります。

薬やアルコール、色々な食品の添加物等を処理し無毒化するメカニズムを解毒(げどく)と呼び、肝臓の代表的な機能のひとつです。


杉花粉症などの症状(水っぱな、鼻づまり、クシャミ等)のためによく睡眠が取れなかったら、それが誘因で慢性的な睡眠不足になって、翌朝目覚めてからの仕事に良くない影響が生じる可能性があります。

お年を召した方や断続的長期にわたる病気のある方等は、殊更肺炎に罹りやすく、治るのに時間がかかるきらいがありますので、予防する意識や早めの処置が求められます。

めまいは起こらないのに、強い耳鳴りと難聴の2つの症状を、発症する症状の事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と称する事がままあります。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは伝えられなかったとしても、内臓脂肪がたまる性質の悪い肥満症になると、色々な生活習慣病を発症する可能性が他の人よりも高くなるのも事実です。

様々な理由によるうつ病というのは、脳の中にある精神をリラックスさせる神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、強い憂うつ感、睡眠障害極度な倦怠感、疲労感、食欲低下(または増加)、マイナスな感情、極端な意欲の低下、実際に行動したり自殺の仕方を考えたりするなどの様々な症状が2週間以上続きます。