×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠の症状の前に|基礎代謝量というのは、睡

基礎代謝量というのは、睡眠中ではない覚醒状態で命を維持する(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに外せない基本的なエネルギー消費量のことを表しています。

コンサートやライブなどの会場施設やクラブハウス等にあるような大型スピーカーの側で、強烈な音を聞いたせいで耳が聞こえにくくなることを「急性音響性障害」と言っているのです。

薄暗い部屋では光不足により見えにくくなりますが、その結果瞳孔が開くので、眼のピントをフィットさせることに必要以上のパワーが費やされるので、当然日の差す所で物を見るより疲労しやすくなるといえます。

日本は結核への対策は、1951年施行の「結核予防法」にならって促進されてきましたが、56年が経過した2007年からは他の多数ある感染症とまとめて、「感染症新法」という法律に準じて実行されることになったのです。

塩分と脂肪分の摂取過多は控えて、手ごろな運動を肝に銘じ、ストレスを溜め込まないような日々を維持することが狭心症を招いてしまう動脈硬化をストップさせる方法だといえます。


死亡率が約50%と非常に高いクモ膜下出血(SAH)は、90%近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管の一部にできた不要なこぶが、破れてしまう事がきっかけとなって発現する、脳の病気として認識されています。

世界保健機関は、肌に与える影響が深刻なUV-A波の浴び過ぎが、肌に相当なダメージを誘引するとして、19歳未満が人工的に肌を焼く日焼けサロンを使用することの中止を強く提案しています。

自動体外式除細動器(AED)は、医療職に就いていない一般人でも簡単に使える医療機器で、本体からの音声ガイダンスの手順に応じて対応することで、心室細動に対しての治療効果をもたらします。

国民病ともいわれる花粉症とは、山林のスギやヒノキ、ブタクサ等の決まった時期に飛散する花粉が素因となって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻水等の辛いアレルギー反応を生ずる疾患であることは言うまでもありません。

筋緊張性頭痛とはPC使用などによる肩こり、首凝り・張りから来る「ストレス頭痛」とも呼ばれる慢性頭痛で、「まるで圧迫されるような鈍痛」「ズドーンと重苦しいような痛さ」と言われるタイプの頭痛です。


ハーバード医科大学の調べによれば、1日に2〜3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーを飲むと、意外なことに直腸癌の危険性を半分以上下げることができたらしい。

男性15〜25%、女性20〜30%くらいが適正範囲と言われる「体脂肪率」とは、人体の中の脂肪が溜まっている比率のことを指し、「体脂肪率(%) = 体脂肪の量(kg) ÷ 体重(kg) × 100」という計算式によって確認できます。

腹部の右上にある肝臓に中性脂肪や食物由来コレステロールがいっぱい付着した脂肪肝(fatty liver)は、高尿酸血症や脳梗塞は勿論の事、多くの生活習慣病の合併症の因子となるリスクがあるのです。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当人にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、耳管周辺や耳小骨の筋肉のけいれんによる音など他の人にも、高性能のマイクを通すと感じることができるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法は同じではありません。

脂漏性皮膚炎という皮膚病は、皮脂の分泌が盛んな部位に引き起こされる発疹・発赤で、皮脂の過剰分泌の誘因としては、男性ホルモンと女性ホルモンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB群の枯渇などが関係していると言われているのです。